国内ドラマ

【見逃し配信】俺の家の話の無料動画を視聴できる配信サービス

俺の家の話

俺の家の話を無料視聴する方法やドラマの詳細、感想を紹介しています。

このドラマでは、長瀬智也さんの活躍があり、とても面白いドラマです。

寿一が親父である寿三郎のことを考えて、最後の旅行になるかもしれないと思い、旅行の計画を立てて一緒に旅行をしていたシーンに感銘を受けます。

寿一が家族のことを考えて行動していたことがとても良かったです。また、寿一が能とプロレスを一生懸命に頑張っていた姿に素晴らしさを感じます。

何度見ても飽きないドラマです!

↓無料視聴↓
パラビ
最新話まで視聴可能

俺の家の話の見逃し配信動画を視聴できるのはパラビ

\無料で俺の家の話/

パラビは過去動画から最新動画まで視聴可能です

初めて動画配信サービス使うから不安!なんてことはありません!

Paraviは安心して利用できる動画配信サービスです!

パラビでしか見られないドラマや、恋愛からバラエティなど音楽から舞台まで様々なコンテンツを楽しむことができます。

  • 会員登録月は会費が無料!!
    ※翌月に入りますと、お支払いが発生いたします。
  • 国内最大級のドラマアーカイブ数
  • オリジナルコンテンツが満載
    ※最新情報はplus.paravi(https://plus.paravi.jp/)やtwitter(https://twitter.com/_Paravi_)をご確認ください。
  • 国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
  • TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
  • SVOD サービスを中心に、TVOD(Transactional Video On Demand:都度課金型動 画配信)サービスも併用します。
  • PC/スマホ/タブレットで対応可能!
  • TBS/テレビ東京/日経新聞/WOWOWの合弁会社が運営

俺の家の話のの違法動画は危険がいっぱい

YouTubeやFC2動画でたまにアニメ配信されているのがありますが、このような動画サイトでは基本的に「違法でアップロード」されたものです。

テレビや動画には基本的に著作権があります。

更に、これらの動画でアニメを観るのは様々なリスクがあります。

  • Youtube
  • Dailymotion
  • Pandora
  • AniTube
  • アニポ
  • FC2動画
  • ひまわり動画
  • MioMio動画
  • KissAnime
  • MioMio動画

これら違法にアップされた動画を視聴すると以下のようなリスクがあります。

  • ワンクリック詐欺に合う
  • ウイルス感染してしまう
  • ダウンロードして視聴するのは違法

こうしたリスクを冒してまで視聴するのはおすすめできません。

そもそも動画をアップするのも視聴するのも違法です。

俺の家の話のあらすじ

グループホームを抜け出し観山家にやってきた寿三郎(西田敏行)は、3度目の脳梗塞で危篤に・・・。多くの門弟や家族たちに囲まれ、最後の時を迎えようとしていた寿三郎の前に、いままで正体を隠してきた寿一(長瀬智也)がスーパー世阿弥マシンとして現れる。そして「肝っ玉!しこたま!さんたま!」の掛け声で、奇跡的に寿三郎は一命を取り留める。そして寿一は新春能楽会で舞う予定の「隅田川」の稽古に励んでいた―

引用:Yahoo!テレビ

第1話

プロレスリングでマットに叩きつけられ、ロープへ投げ飛ばされながらも、ブリザード寿こと観山寿一(長瀬智也)は、自分の家族について思いを馳せていた。
寿一は幼少時代、重要無形文化財「能楽」の保持者である父の観山寿三郎(西田敏行)から一度も怒られたことがなかった。一緒に悪さをしても、怒られるのは弟子で芸養子となった寿限無(桐谷健太)のみ。しかし寿三郎は、初舞台以降「神童」と讃えられた寿一を褒めることもなく、それが幼い彼の心を傷つけていた。やがて反抗期を拗らせた寿一は、母の死後、家を出てプロレスラーの道へ進む。そこには、寿一が憧れていた家族の形があった。

さらに時は流れて現在。ピークを過ぎたレスラーとなった寿一の元に寿三郎危篤の知らせが飛び込んできた。急いで病院に駆け込んだ寿一は、久しぶりに会った弟の踊介(永山絢斗)と妹の舞(江口のりこ)から、一昨年に寿三郎が脳梗塞で倒れたことを聞かされる。別れの挨拶は2年前に済ませたと遺産や相続の話を始める弟妹に激昂する寿一。そして寿一は二十八世観山流宗家を継承すべく、プロレスラーを引退することを決めるのだった。

引退試合を終えた寿一を待っていたのは、寿三郎が退院したという知らせだった。一門の幹部、そして家族を前に、これまでの威厳はどこへやら、デイケアサービスで寿三郎の担当ヘルパーだった志田さくら(戸田恵梨香)と結婚すると言い出した寿三郎。呆気にとられる寿一ら家族を余所に、自身の余命とすべての遺産をさくらに相続すると告げ・・・!?

第2話

寿一(長瀬智也)が二十八世観山流宗家を継承すると宣言したことにより、父の寿三郎(西田敏行)から門弟にそのことを告げる日がやってきた。寿三郎が後継者決定を声高に宣言するものの、門弟たちからは不満の声が続出。収拾がつかなくなった一同を前に寿三郎は、1週間後に寿一に高砂を披露させることを約束してしまうのだった。

同じ頃、ネットでさくら(戸田恵梨香)の過去の写真を発見した踊介(永山絢斗)は、彼女のことを秘密裏に調べ進めていた。一方、寿一は高砂の稽古に励みつつもある悩みを抱えていた。プロレスラーをやめてしまい、お金がないのだ。息子の養育費も払えなくなった寿一は、寿限無(桐谷健太)に土下座をし借金を申し出るのだが、驚愕の事実を知ることとなり・・・。

第3話

観山寿一(長瀬智也)はさくら(戸田恵梨香)に借りた10万円を返すため、スーパー多摩自マンに扮してリングに上がる。試合を終え、急いで帰路につく寿一の元に、寿限無(桐谷健太)から一本の電話がかかってきた。それは、寿三郎(西田敏行)が廊下で転び病院へ運ばれたという内容で、寿一は慌てて病院に駆けつける。自分が目を離した隙の出来事に言い訳できない寿一は、さくらや踊介(永山絢斗)、舞(江口のりこ)からの追及にただ謝ることしかできなかった。

そんな中、寿三郎は残りの人生を楽しむため、さくらとエンディングノートを作る。エンディングノートから父の願いを知った寿一は、家族に内緒である決意をし・・・。

第4話

スーパー世阿弥マシンとしてプロレス界での活動を再開した寿一(長瀬智也)は、寿三郎(西田敏行)のエンディングノートを眺めながら、”寿限無(桐谷健太)のおとしまえ”の意味が分からず首をかしげていた 。当の寿限無に聞いても、でてくるのはトンチンカンなことばかり。一方その頃、踊介(永山絢斗)は、さくら(戸田恵梨香)の昔の写真を入手し、寿一と舞(江口のりこ)にさらなる疑惑を持ち出すが、2人に一蹴されてしまう。

そんな中、大州(道枝駿佑)と秀生(羽村仁成)による能の定期公演の話が持ち上がった。だが、大州は稽古にたびたび遅刻し、さらに反抗的な態度も重なり、舞の怒りは募るばかり。筋の良い秀生と比べられる大州に、寿一は昔の自分が重なって見え・・・。

第5話

寿一(長瀬智也)と腹違いの兄弟であることが発覚した寿限無(桐谷健太)は、これまでの態度とは一変、遅めの反抗期を迎えていた。そして同じ頃、さくら(戸田恵梨香)は、スーパー世阿弥マシンの正体が寿一であることに確信めいたものを感じ、頭からそのことが離れない。

そんな中、寿一は寿三郎(西田敏行)との家族旅行の計画を立てていた。家族全員を参加させたい寿一は、卑屈になっている寿限無を連れ出し、無理矢理プロレスのリングに立たせる。そして、兄弟喧嘩と称し、寿限無のサンドバックになる寿一。だが、2人を追いかけてきたさくらが、寿一にあることを告げて……。

第6話

ついに25年ぶりの家族旅行へ出発した観山家だったが、道中思わぬ寄り道が発生していた。寿三郎(西田敏行)がかつて愛を誓った女性たちへの謝罪行脚をしたいというのだ。寿三郎の好きなようにさせると決めた寿一(長瀬智也)は、思うところがありつつも車を走らせる。

一方、観山家に残ったさくら(戸田恵梨香)は、誰もいない稽古場で寿三郎と踊介(永山絢斗)から引っ切り無しに届くメールをぼんやりと眺めていた。だが、寿一のことが頭から離れずモヤモヤとした想いを抱えていた。やっとの思いで目的地へと到着し、夕食を終えた一行だったが、寿三郎が今度は近くの温泉旅館の女将に会いたいと言い出す。それは、かつて寿三郎がプロポーズをし、それを了承してくれたという女性で・・・。

第7話

無事、家族旅行を終えた観山家一同。往路の息の詰まるような車中とは一変、大合唱をしながらの帰路となった。そして、寿三郎(西田敏行)は帰宅後すぐにリハビリを開始。忙しくなった舞(江口のりこ)と踊介(永山絢斗)はリモート介護に切り替え、稽古場では寿限無(桐谷健太)が体験入門のお弟子さんたちの稽古をつけるという日々が続いていた。

そんな中、ひとり暇を持て余していた寿一(長瀬智也)の元に、さくら(戸田恵梨香)がやってくる。旅行中にした告白の返事を聞いていないさくらは、寿一からの返事を待っていたのだ。しかし、寿一はその前にと、自分がスーパー世阿弥マシンであることをさくらに告白。話を上手くかわしたかのように思えたのも束の間、さくらから返事を催促され、寿一は返答に窮する。
日は変わり、元妻であるユカ(平岩紙)との秀生(羽村仁成)の親権を巡る話し合いのため、寿一はスーツ姿で踊介のミヤマ法律事務所へとやって来ていた。だが、寿一はその場でユカを怒らせてしまい・・・。

第8話

ついに、さくら(戸田恵梨香)へ自分の気持ちを告白した寿一(長瀬智也)。だが、まだそのことを家族に話すわけにはいかず、何事もないかのように振る舞う2人。そんな中、突然寿三郎(西田敏行)が「終活をする」と言い出した。自分が「要支援2」だと思っている寿三郎は、今のうちに遺産相続について書き記しておこうと言うのだ。「さくらへ贈与する」と寿三郎は言うが、それを聞いたさくらはキッパリと断ってしまい・・・。

日は変わり、寿一は寿三郎から新しい演目の稽古をするように告げられる。同時にスーパー世阿弥マシンの新しい対戦相手が決まり、寿一は能とプロレスを同時進行で稽古していくことに。そんなある日、寿限無(桐谷健太)との稽古中によろけてしまい、寿一は病院へ。診察の結果、とあることがきっかけとなりアキレス腱を断裂。2週間の車椅子生活を余儀なくされる。そして、観山家に“車椅子の親子が2人”という生活がスタートするのだった。

第9話

妹弟が去り、寿三郎(西田敏行)がグループホームへ入所し、観山家に残った寿一(長瀬智也)は、ひたすら稽古に励んでいた。そこへ、半年前に家を出た寿限無(桐谷健太)が突然の帰宅。「自分には能しかないと気づいた」と言う寿限無を誘い、寿一は寿三郎のいるグループホームへと出かける。スーパー世阿弥マシンに扮した寿一をはじめ、慰問に来たさんたまプロレスのレスラーたちを見たお年寄りは歓声を上げる。そして、その中には寿三郎の姿もあり、寿限無は泣き笑うような気持ちでそれを見つめるのだった。

一方、寿一と結婚を誓い合ったはずのさくら(戸田恵梨香)は、この2週間ほど観山家には行かなかった。能とプロレスが頭の大部分を占め、手を出してこない寿一に不満を覚えていたのだ。同じ頃、踊介(永山絢斗)は週刊誌の記者からある記事を見せられていた。そこには、グループホームの中庭で運動している寿三郎の姿があり・・・。

第10話

“俺の家の最後の話” —忘れないで!家族の時間—

グループホームを抜け出し観山家にやってきた寿三郎(西田敏行)は、3度目の脳梗塞で危篤に・・・。
多くの門弟や家族たちに囲まれ、最後の時を迎えようとしていた寿三郎の前に、いままで正体を隠してきた寿一(長瀬智也)がスーパー世阿弥マシンとして現れる。

そして「肝っ玉!しこたま!さんたま!」の掛け声で、奇跡的に寿三郎は一命を取り留める。そして寿一は新春能楽会で舞う予定の「隅田川」の稽古に励んでいた

俺の家の話のキャスト

出演者長瀬智也、戸田恵梨香、永山絢斗、江口のりこ
荒川良々、三宅弘城、平岩紙、秋山竜次 / 桐谷健太、西田敏行
井之脇海、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、羽村仁成(ジャニーズJr.)、長州力、前原滉
脚本宮藤官九郎(NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺」、「タイガー&ドラゴン」、「池袋ウエストゲートパーク」)
スタッフ演出:山室大輔
チーフプロデューサー:磯山晶
プロデューサー:勝野逸未
番組公式サイト◇番組HP
https://www.tbs.co.jp/oreie_tbs/◇twitter
@oreie2021
https://twitter.com/oreie2021

 

俺の家の話のみんなの感想

父親との確執をずっと抱えて生きてきた長男寿一が真っ直ぐと父親に向き合うところから始まるこのドラマは、親子の絆を美化することなく、現実的に描いてあるからとても共感が持てました。親の介護を通して、長男として能を受け継ぐ者として、息子の父親として、そしてひとりの男として恋をする寿一は、不器用だけど本当に実直で大好きです

主人公のプロレスラー・観山寿一役の長瀬智也さんが非常にいい味を出しています。能楽の跡取りで幼い頃は「神童」と呼ばれながらも、17歳で家出してプロレスの世界に飛び込み、チャンピオンまで昇りつめるなど、派手な見た目とは違い努力家で根性があるところが憎めません。今回、西田敏行さん演じる、父親の人間国宝である寿三郎が倒れたことを受け、飛び出した家に戻り、プロレスラーを引退してまで、跡を継ごうとするところが一途だなと感じました。寿一を取り巻く人々も、なかなか曲者ぞろいですが、そんな中で寿一が能楽の稽古を重ね、周りからの理解を得て、無事に跡取りになれるのかに注目です。

笑いあり、涙あり

クドカン(宮藤官九郎)、長瀬智也…そしてどこか見覚えのある面々(笑)ということで、普段あまりドラマは続けて観ないもののコレだけは絶対に観ようと家族と話していました。
御家騒動・親の介護に加え、我が子の学習障害というなかなか話題にしにくいような内容も盛り込まれ、普通ならすごく暗くなってしまうようなテーマのドラマなのですが…なぜかあたたかい!
笑いもあり、涙もあり、そして自分に今後こういう問題が立ちはだかったら…と考えさせられるドラマです。
ちょくちょく出てくる荒川良々さんの言葉には度々ジーンとしておりましたが、「涙」に関してはドラマの後半毎回観山家に泣かされております。
キャストも豪華なのは観てすぐ分かりますが、各俳優さん達が役の枠を超えているように感じ、ものすごく感情移入してしまいます。長州さんだけ自分の役ですけど(笑)
ぶっ飛んだ内容もあるのにすんなり受け入れられるのも不思議なところ。
内容だけでなく毎度目の保養にもなっており、イケメン俳優陣・戸田恵梨香さんの美貌だけでなく、西田敏行さんの可愛いボディも見所です。
他にも触れたい話題や役が沢山あり、ひとつひとつ感想を言いたいレベルですが、私も私も家族もこのドラマが大好きでまだ終わって欲しくない気持ちでいっぱいです。

予想通りの面白さ

最初は能とプロレスの両方を全く知らなかったので不安でしたが、実際に見始めるとそれらを知らなくてもストーリーが分かるようになっていました。今は覆面レスラーのスーパー世阿弥マシンのファンになっていますし能のこともほんの少しですが理解できるようになってこのドラマを見て良かったと思っています。また親の介護という重いテーマであるにも関わらず笑える要素が満載で、思わずクスクス笑ってしまうほどギャグが多いのも素晴らしいと思いました。脚本が宮藤官九郎さんということで見る前から面白いだろうなとは思っていましたけれど、予想通りの面白さで私は大満足です。

戸田恵梨香の存在感

長瀬智也さんがレスラーというのが意外すぎましたが、体系的にもはまり役という感じがしました。西田敏行さんが人間国宝というのも似合っていましたが、痴呆のテストなどを受けているのが面白かったです。長瀬さんが西田さんをお風呂で世話して、その時に西田さんがお風呂のおもちゃを持っているというのも最高でした。戸田恵梨香さんが飄々としながらも詐欺かと思わせておくなど、流石の存在感を発揮している感じがしました。そして、隠し子騒動などもあり、シュールな感じがしました。

長州力のインパクト

このドラマに関しては脚本である宮藤官九郎の遊び心というのが存分に出ているなと感じる作品です。芸能ネタというのが毎回織り込まれているのを見てクオリティの高い例えだよなと思いながらドラマを見ています。そしてプロレスを結構推してくるのが斬新というか珍しいなと感じています。長州力が出てきた時のインパクトの強さというのは計り知れないものがありました。

長瀬智也の演技力が凄い

出演者1人1人の演技のレベルが圧巻そのもので、その気迫に幾度となく圧倒されては鳥肌が立っていました。なかでも、やっぱり別次元と思わせるくらい上手かったのは紛れもない主演の長瀬智也さんだなと思いました。役に対する並々ならぬ思いが観ているこちらにまでダイレクトに伝わってきました。そんな長瀬智也さんの凄まじい演技の熱量にひたすら感動を覚えました。役になりきっているというより、役がぴったりと憑依したのかと思ってしまいました。

介護の仕組みがいまいち

介護をテーマにしたドラマということですが納得いかない場面というのが多々ありました。明るい介護というのをテーマにしているというのは分からなくないですが寿三郎の要介護が1や介助などについても不満がありました。ストーリーは自由なんですが介護の仕組みについてはもう少しリアリティを追いかけて欲しかったなと面白いドラマだっただけに感じました。

温かいドラマ

能とプロレスを取り入れながら、介護の現実を描いているこのドラマは、見るたびに家族だからこその苦悩や温かさに触れることが出来るハートフルなドラマだと思います。何かと大変な介護を前向きにとらえる観山家を見ていると元気になれます。無理にお涙頂戴ではないストーリー展開にも好感が持てます。親と子だから言葉はいらない部分と、親と子だからこそしっかり言葉にして言わなきゃいけない時がある。そんなことに気づかせてくれる温かいドラマです。

↓無料視聴↓
パラビ
最新話まで視聴可能

\見たい番組の全てがここに/
\見たい番組の全てがここに/