国内ドラマ

おちょやんの見逃し配信動画を無料視聴する方法【NHK朝ドラ】

おちょやん

NHK 連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し配信及び無料視聴方法について紹介しています。

この記事でわかる事
  1. おちょやんを無料視聴する方法
  2. おちょやんを視聴できる動画配信サービス
  3. おちょやんのあらすじ
  4. おちょやんのキャスト
  5. おちょやんのみんなの感想

おちょやん

U-NEXTで全話見放題がおすすめ

U-NEXT

31日以内に解約すれば全話無料で見放題です♪

おちょやんを無料視聴する方法

おちょやんを無料で視聴できる方法を紹介します。

それは「動画配信サービス(VOD)」を利用することです。

動画配信サービスとはU-NEXTやHuluといったアプリで映像を楽しむもので、視聴できる端末は多岐にわたります。

VODを視聴できる端末
  • スマホ
  • タブレット
  • アプリ対応TV
  • PC

基本的には映像端末のほとんどで楽しむことができます。

疑う女性
疑う女性
VODはどれくらいの種類があるの?

VODは沢山の種類がありますが、私がおすすめするメジャーなVODを紹介します。

VODの種類
  • U-NEXT
  • Hulu
  • ABEMA
  • Paravi
  • FOD

ドラマを視聴するのであれば、紹介した5つのサービスが安全かつコンテンツも豊富です。

それでは、「おちょやん」を視聴できるおすすめのサービスを紹介します。

おちょやんの動画を配信しているサービス

現在、おちょやんを視聴できる動画配信サービスはU-NEXTとなっています。

おちょやんの無料視聴はU-NEXT

U-NEXTは130,000本もの動画配信をおこなっており、月額料は2,189円(税込み)となっています。

毎月1200ポイント(1200円分 税込み)貰えるので、税込み金額2189円との差額だと実質は989円で利用することができるVOD(動画配信サービスです)。

初回登録時は無料トライアルが31日間付与されているので、「まずはちょっと試してみようかな」と考えている人も十分に検討する時間があります。

私は当初無料トライアルで退会する予定でしたが、なんだかんだで3ヶ月間使用しています♪

ただ、、、

この無料トライアルもいつまで続いているかわかりません。

不況のあおりを受けて、急に無料期間がなくなってしまうことも。。。

なので、おちょやんを無料で視聴したければ今すぐ登録しておくべきです!

おちょやん

U-NEXTで全話見放題がおすすめ

U-NEXT

31日以内に解約すれば全話無料で見放題です♪

無料視聴サービスU-NEXTはどんなところがお得?

U-NEXTの基本情報
月額料金2,189円(税込み)
作品数約170,000本
同時視聴数1アカウントで4端末
視聴できる端末スマホ/タブレット/TV/PC
無料期間初回1ヶ月無料
ポイント毎月1,200円分相当のポイント付与
ビデオ見放題
ダウンロード機能
アダルトビデオ(成人向け)〇(ブラウザ専用)

月額料金がちょっと高いと感じますが、実質には大変お得なんです。

1アカウントで4台の端末で使用可!

まず、1つのアカウントがあれば最大4つの端末でコンテンツを視聴することができます。

家族が4人いれば、2,189円で全員がそれぞれ好きな番組を見ることができるんです。

そう考えただけでも、1人あたり月額500円ですよね。これは安い。

  • 1つのアカウントで最大4端末で利用可能!
  • 家族みんなで利用できるから喧嘩にならない!
  • 実質500円で利用できる(4つの端末使用時)

 毎月1200ポイントが付与される

1200ポイントは1200円分のコンテンツを購入することが可能です。

1ポイント=1円

女性の口コミ
女性の口コミ
有料コンテンツ?ドラマは無料なの?どういったところにお金がかかるの?

基本的には「洋画」や漫画などの「書籍」は有料コンテンツとなっています。その他は見放題ですよ♪

なので、再放送や放送中のドラマは「見放題」なのでご安心を!

おちょやん

U-NEXTで全話見放題がおすすめ

U-NEXT

31日以内に解約すれば全話無料で見放題です♪

海外サイトなどにアップされた動画はリスクが高い

海外サイトなどにも国内のドラマがアップされていることがありますが、基本的に違法です。

またそういったサイトを閲覧することで、ウイルスに感染するリスクも高まります。

変なバナー広告がでてきたり、架空請求が来たら嫌ですよね!

そういったトラブルの元になるようなことは、今すぐやめたほうがいいです。

安心安全の動画配信サービス『U-NEXT』であれば、そういったリスクにさらされることはありませんよ♪

U-NEXT

おちょやんのあらすじ紹介

第1週

大正5年。竹井千代(毎田暖乃)は大阪の南河内で、飲んだくれの父テルヲ(トータス松本)と弟ヨシヲと暮らしていた。千代は口が達者な元気な女の子だったが、弟や鶏の世話などで忙しく、小学校にも通えずにいた。そんなとき、テルヲが新しい母親、栗子(宮澤エマ)を連れて帰る。これで小学校に通えると喜ぶ千代だったが、栗子は家事を何もしない。千代が栗子に次第に反発していく中で、ヨシヲが突然家からいなくなってしまう。

第2週

奉公に出された、竹井千代(毎田暖乃)は、道頓堀にある芝居茶屋「岡安」にやってくる。「岡安」を取り仕切るのは、女将の岡田シズ(篠原涼子)だった。千代はひと月の間に女中の仕事を覚えるという条件で、女中として働き出す。ある日、道頓堀に喜劇の天海一座がやってきて、千代はその一座の子役、一平と出会う。一平は芝居が嫌いだし、酒飲みの父の天海の事が大嫌いだと話す。そんなとき、天海が突然、亡くなってしまう。

第3週

大正13年、秋。千代(杉咲花)が道頓堀の芝居茶屋、岡安に来て約8年、まもなく18歳になろうとしていた。千代は岡安の女将シズ(篠原涼子)に言われ、生まれて初めて自分のやりたいことを考え始める。ある日、千代は憧れの女優、高城百合子(井川遥)と再会。一方、シズもかつて深い因縁のあった歌舞伎役者、早川延四郎と20年ぶりに再会していた。しかし、二人の仲がうわさとなり、道頓堀に悪い評判が広がってしまう。

第4週

芝居茶屋「岡安」で奉公している千代(杉咲花)の前に8年ぶりに、父テルヲ(トータス松本)が現れる。テルヲは借金の返済のために、千代を別の店に奉公に出そうとしていた。一方、天海一平(成田凌)、須賀廼家千之助(星田英利)の天海一座が、久しぶりに道頓堀で芝居を行うが、客の入りが悪く、中日で打ち切られる。その頃、借金の取り立て屋から「岡安」への嫌がらせが続き、千代は女将のシズ(篠原涼子)に店を出ると伝える。

第5週

道頓堀から飛び出した千代(杉咲花)は京都にたどり着く。そこで、「カフェー・キネマ」という店で、住み込みで働くことにする。店長の宮元(西村和彦)は映画好きで、この店には、同部屋の真理(吉川愛)など女優を目指しながら働く女給たちがたくさんいた。そんな時、千代は真理の紹介で山村千鳥一座という劇団の試験を受け、合格する。ところが、それは役者としてではなく山村千鳥(若村麻由美)の身の回りのお世話役だった。 

第6週

女優を目指す千代(杉咲花)は、山村千鳥(若村麻由美)の一座に入ったものの、お客の数は日に日に減っていた。清子(映美くらら)は子どもに人気の芝居をやろうと提案するが猛反対され、千鳥抜きでその芝居を行うことになる。しかし、公演直前に主役の清子が足を負傷。千代が急きょ、代役で出演することになる。千代はせりふを覚えていたものの、発声も芝居も全くだめだった。公演前日、それを見かねた千鳥が千代に演技指導を始める。

第7週

千代は(杉咲花)は鶴亀撮影所で映画女優の卵として再スタートした。撮影所で居場所のない千代を親切に見守ってくれていたのが、助監督の小暮(若葉竜也)だった。その頃、千代は撮影所で高城百合子(井川遥)と再会する。千代は女優としての役作りのため、小暮に仮の恋人役をしてもらえないかと頼む。しかし、なぜかその場に天海一平(成田凌)が現れる。そんなとき、百合子が相手役の俳優と一緒に失踪するという事件が起こる。

第8週

千代(杉咲花)が撮影所に来て3年。父テルヲ(トータス松本)が突然、訪ねて来る。テルヲは相変わらず調子のいいことを言い、撮影現場にまでやってきた。しかし、結局お金が目当てだということがわかり、千代はすべての持ち金をテルヲに渡し、二度と会いに来るなと言い放つ。落ち込む千代に小暮(若葉竜也)がプロポーズするが、千代は自分の気持ちの整理をつけることができない。そんな千代の前に、天海一平(成田凌)が現れる。

第9週

昭和3年、千代(杉咲花)は新しい喜劇の一座に参加するため、4年ぶりに道頓堀に戻ってきた。そこには、旧天海一座の面々や歌舞伎、新派、歌劇団などさまざまなジャンルから来た役者が集まっていた。座長に指名されたのは一平(成田凌)だった。しかし、一番の実力者である、千之助(星田英利)が参加しないことがわかると、不安を覚えた役者たちが次々と辞めると言い出す。千代は千之助を訪ね、一座に参加してくれるように頼む。

第10週

千代(杉咲花)と一平(成田凌)が参加する、鶴亀家庭劇が船出をした。しかし、それは喜劇、新派、歌舞伎、歌劇団など役者の寄せ集めだったため、それぞれの思いがバラバラのまま、初日を迎える。喜劇の経験のない役者たちで演じる芝居では、なかなか笑いがとれない。それを見ていた千之助(星田英利)は、突然段取りのないアドリブを連発し始める。そのことに、強く反発したのが、新派出身のルリ子(明日海りお)だった。

第11週

鶴亀家庭劇の初興行は大盛況のうちに幕を閉じ、次の公演はひと月後と決まった。その頃、シズ(篠原涼子)のひとり娘、みつえ(東野絢香)に縁談話が持ち上がる。千代(杉咲花)は、みつえはきっと一平(成田凌)のことを好きに違いないと思い込んでいたが、意外なことに、みつえが好きなのは福助(井上拓哉)だった。しかし、二人の母親であるシズと菊(いしのようこ)の仲の悪さは、先代からの因縁もあり、非常に根の深いものだった。

第12週

一平(成田凌)は自分の力試しに、前座で千代(杉咲花)と舞台に立つことにする。台本は新作の「若旦那のハイキング」。商売敵の親同士のせいで結婚を反対された恋人たちの物語だった。それは、みつえ(東野絢香)と福助(井上拓哉)の結婚を参考に一平が書き上げたものだった。だがこの頃、警察の検閲が厳しくなり、男女の恋愛場面が書き直されてしまう。また一か月前にえびす座でボヤ騒ぎがあり、気がかりなことが続いていた…

第13週

一平(成田凌)が突然、一人で暮らし始めた。そんなとき、社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)がやって来て、父の名前を継ぎ、二代目天海を襲名するように伝える。一平はそれを断るが、これは社命だと言う。一平が襲名をしたくない理由には、父親への恨みがあった。千代(杉咲花)は、一平の母、夕に会い、襲名を説得してもらおうと、千之助(星田英利)から居場所を聞き出す。そして、一平を連れ出し、京都に向かう。

第14週

昭和7年、千代(杉咲花)と一平(成田凌)が夫婦となってから、3年の月日が流れた。そんなとき、世界の喜劇王チャップリンが来日することがわかる。大山鶴蔵(中村鴈治郎)は、鶴亀家庭劇と須賀廼家万太郎(板尾創路)率いる万太郎一座を競わせ、勝った方の芝居をチャップリンに見に来てもらうと宣言する。家庭劇の面々は打倒万太郎一座に向けて盛り上がったが、ひとり千之助(星田英利)の様子だけがいつもと違っていた。

第15週

千代(杉咲花)の父、テルヲ(トータス松本)がボロボロの姿で芝居茶屋「岡安」に現れる。テルヲは千代にこれまでのことを謝りたいと言うが、千代はそれを冷たく拒絶する。それでも、テルヲは千代と一平(成田凌)の家に押しかける。そんな時、テルヲは急な腹痛に苦しむ宗助(名倉潤)を助け、病院に運び込む。シズ(篠原涼子)は、テルヲに道頓堀から出て行ってほしいと頼むが、テルヲが病で命がもう長くはないことを知ってしまう。

引用元:公式サイト

おちょやんに出演しているキャスト

役名出演者
天海千代杉咲 花
竹井ヨシヲ倉 悠貴
竹井テルヲトータス松本
天海天海茂山僧
富川菊いしのようこ
岡田ハナ宮田圭子
熊田酉川忠志
岡田宗助名倉潤
宇野真理吉川愛

 

ドラマおちょやんのみんなの感想

杉咲花ちゃんの演技は、その台詞回しの巧みさもさることながら、変幻自在に繰り出される表情の出し方が、本当に見事ですよね。というか、余りにも演技が上手すぎます。ですから、芸能文化評論家の肥留間正明さんは、彼女のことを ” 「 大阪のお母さん 」と呼ばれた浪花千栄子の再来といっても過言ではないほど、本家に負けない名女優ぶりである!! ” といっていたのです。確かに、そのように見えますからね!!

 

遂に、最後まで一度も止めることなく終了。即削除。面白そうな場面なし。新キャラの間抜け面も台詞も演技も全く魅力なし。興味なし。登場させたいみなし。下手すぎて話にならない路上ライブ、全く面白くない最低最悪の漫才、何も芸のない自称芸人の頭が悪すぎて滑りっぱなしで下らないコメント、このドラマの脚本と演出とヒロインの酷い演技、驚くほど良く似ている。

 

男運のワルい千代ちゃん。
回りはクズだらけ、預かってる男の子、お買い物のお釣くすねてますよね?
ただ、今週は怒鳴るシーンが少なくてほっとしてます。

 

テルヲの死の描写は上手かった。地上では千代が許さず血を吐き獄中で寂しく亡くなる一方、悔い改めて天上世界の神格化されたサエの遣いの千代とチビ千代に見守られ昇天、今は天上でピエロとなって千代を見守っている。
家族愛に飢えた千代が寛治にお母ちゃんと呼ばそうと焦り、戦争ごっこの好きな一福を案じた気配の福助がトランペットに興味を変えようと焦る。強要は逆効果だと言うおとなびた寛治。ひょうきん者を装ってるが小暮と高城百合子の話は暗い思い詰めた表情で聞く。他人の気配に敏感なのは気遣いのいる幼少期を育ってきたのだろう。
清濁併せ呑む大山社長に特高が乗り込む。小暮と高城百合子のことだろう。テンポよく息を衝く暇もない。脳内補完と捉えず台詞とナレに頼らぬ心情描写に好感。
ドタバタ長屋劇に堕することなく、今後の展開が楽しみである。

引用元:Yahoo!テレビ

\見たい番組の全てがここに/
\見たい番組の全てがここに/